香港 ジョエル・ロブションのカフェでアフタヌーンティ

香港は元イギリス領だったこともあり、アフタヌーンティが盛ん。
日本でもアフタヌーンティが有名な、フォーシーズンズホテルやマンダリンオリエンタル、グランドハイアットなど選べる場所も多いです。
その中で、日本には今のところない、ジョエル・ロブションのカフェでのアフタヌーンティに行ってきました。

ジョエル・ロブションのカフェは日本にもあり、日本橋高島屋に入っています。(2017年1月現在)
フレンチレストランは高いから手が届かないけど、パンやカフェは低価格で楽しめるのが魅力。

ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション
WEBページ
http://www.robuchon.jp/lecafe
食べログ 日本橋高島屋店
https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13009090/

香港のサイトはこちら
http://www.robuchon.hk/about_us#

★実際に訪問してみて
香港のル カフェ ドゥ ジョエル・ロブションは、九龍の尖沙咀の海沿いにある「ハーバーシティ」という広いショッピングモールの中にあります。ショッピングモールが広すぎるし、人が多くてお店を探すのに時間がかかってしまいました。エリアがいくつか分かれている中の「ゲートウェイアーケード(Gateway Arcade)」エリアの2階にあります。

カフェ自体は朝9時からオープンしていますが、アフタヌーンティのメニューを注文できるのは、15時〜18時限定。そして、予約もできません。待つのを覚悟して平日の15時すぎに訪問したのですが、そこまで混んでおらず、すぐに入ることができました。

店内は、赤と黒のシックな貴重。海沿いにあるお店ですが、この時間はカーテンがかかっていて外から海を眺めることは出来ませんでした。客層はほとんどが外国人、年齢層は幅広い印象です。

アフタヌーンティメニューはこちら。
http://www.robuchon.hk/get_doc/file/1467


1人用と2人用があります。

お茶はいくつかのドリンクメニューから選べます。この中から、Dai Pai Dong with Milk(大排礑 奶茶)にしました。
Dai Pai Dong with Milkはミルクを入れていただきます。

注文すると5分ほど経たずに、お茶が真っ赤なSTUBのポットで運ばれてきました。非常に重いので自分でカップに注ぐのは難しいですが、お店に雰囲気にぴったりでおしゃれ!

それから5分ほどで、お待ちかねの3段トレイが運ばれてきました!


ひとつひとつがキュートで食べるのがもったいない。

一番上はプレーンとベリーのスコーンにクロワッサン。


スコーンは甘めでベーシックなスコーン。提供前に少し焼いているのか表面がサクサクしていました。クロテッドクリームとストロベリージャムをたっぷりつけていただきます。


クロワッサンも表面に砂糖がかかっていて、サクッとしっとりで美味!

 

中段は、セイボリー(セイボリーとは塩味のもの。マナー的には一番最初に食べるのが正しい)。


左から
Tomato Burger with chorizo and mozzarella(チョリソーとモッツァレラのトマトバーガー)
Foie gras with figs and hazelnut (フォアグラといちじく、ヘーゼルナッツがクラッカーにのったもの)
Crab and avocado in a lemon jelly (カニとアボカドのレモンゼリー寄せ)
Smoked salmon rolls with goat cheese and endive (山羊乳のチーズとエンダイブのスモークサーモンのロール)
Eggplant caviar with crunchy vgetables(野菜スティック ナスのキャビアディップで)

 

下段は、ペストリー(ペストリーとは甘いもの)


Gianduja chocolate with apricot (ジャンドゥーヤチョコレートアプリコット添え)
Chestnut sponge(栗のスポンジ)◎
Cheese mousse and mandarin jelly(チーズムースとマンダリンゼリー)◎
Raspberry macarons & rose cream(ラズベリーマカロン&バラのクリーム)◎
Chocolate financier with pistachio cream(チョコレートフィナンシェ ピスタチオクリーム添え)◎
White chocolate mendiants (ホワイトチョコ マンディアンのせ)
Maple madeleines(メープルマドレーヌ)
◎はひとつずつしかなかったので、すべて半分ずつシェア

ひとつひとつが可愛くて食べるのがもったいないくらい。
味は、爽やかなものと濃厚なものとがバランスよくあるので、甘党、スイーツ好きであればあっという間に食べてしまうと思います。
美味しかったのですがが、さすがに最後のほうはもうしばらくスイーツは見たくない、くらいにお腹がいっぱいになりました。
それほど、日本のホテルアフタヌーンティと同じくらいのボリュームはあります。
ボリュームが不安であれば、1人を2人でシェアしているグループもいたので、それでも良いかもしれません。

セイボリーとスコーンが特に良かった!
飲み物は、ポットに入った紅茶はカップ2〜3杯分なので、3段トレーのボリュームを考えると少なかったです。
もっと茶葉変えとか出来たらいいのになぁ・・。

サービス料も含めると、日本でアフタヌーンティするのとそこまで変わらない値段で、コスパは◎
2時間おしゃべりしながら、ゆったりお茶をいただきました。
女子旅の思い出に、スイーツ三昧の香港を楽しんでみては。

10月1日はコーヒーの日。UCC上島珈琲の特別講座に行ってきた【PR】

img_5705

10月1日はコーヒーの日。この日に合わせて、コーヒーを学べるイベントがあるということで、UCC上島珈琲に特別講座に招待されて参加してきました。

img_1974

10月のこの時期に毎年UCCが販売する豆といえば、超高級なスペシャリティコーヒーのブルボンポワントゥ。販売から10周年ということで、今年は記念すべき年です。
この日のイベント内容はこちら。

img_2877

第1部
・ブルボンポワントゥ復活の軌跡を講義形式で。
・コーヒー品質コンテスト擬似体験カッピング
第2部
・焙煎体験
・スイーツとコーヒーのマリアージュ体験

ブルボンポワントゥとは?
ブルボン島(現レユニオン島)で突然変異で生まれ、独自の形状「尖った(ポワントゥ)」から名付けられたスペシャリティコーヒーです。歴史の中で一時期は絶滅の危機に晒されながらもUCCとフランス政府、レユニオン島で協力し、復活。2007年から日本国内で毎年この時期に販売開始し、今年で10年目になります。
ブルボンポワントゥの歴史は、こちらの特設ページをみていただければわかりますが、とにかく貴重!通常1本の木から生豆が400〜500gとれるところ(これも少ない!)、ブルボンポワントゥは、なんとその3分の1の150g。
今年、2016年度は特に生産量が少なく、全体でも150kgだそうです。(今回のイベントで使用する豆10kgを確保するために、わざわざ現地まで飛んで長時間交渉したらしい!)そんな貴重な豆はこちらのUCC系列のカフェで飲むことができます。
100gなんと8,640円!!下記写真は、ブルボンポワントゥの1kgの豆。だから、86,400円!よくみてみると細長い豆なのがわかります。

img_3088

ブルボンポワントゥについて学んだあとは、カッピング体験。
カッピングとは…苦味、酸味、香り、余韻など品質を評価するための方法。ワインのテイスティングと近いそうです。”明るい酸味や完熟したフルーツの酸味”が入賞するポイントだそう。品評会で上位のものから対象外のものまで、当てられるかどうかを体験しました。

今回、初めてカッピングをしたのですが、コツを教えていただきました。
口はすぼめて、カッピングスプーンを唇に軽くつけ、霧吹きのように口の舌全体に吹き付けるイメージ。吸い込んだ香りを鼻から抜きます。

img_4912
※味覚は体温によって変化しますが、嗅覚(香り)はブレるのが少ないので、舌と鼻で香味を評価するのだそう。

img_6201
1〜4位まで決めるのですが、正直難しい。当たったのは入賞していない、完全に4位とわかるものだけでした…。

次は焙煎体験。UCCコーヒーアカデミー東京には、焙煎機とその後についたアフターバーナーもついたものがあり、部屋中が香ばしいコーヒー豆の香りが漂います。

こちらは焙煎前の生豆。

img_5245

img_4093

焙煎した豆が焙煎機から出てくる様子は、見ていてワクワクします。

そして、実は焙煎したてよりは、空気に触れさせず酸化防止をした状態で3〜4日置いたのが飲み頃だそうです。酸素に触れると劣化するので、美味しく飲める期間は、豆の状態だと1ヶ月、粉だと1週間(意外と短いので早く飲まないと!)。

焙煎体験の後は、お待ちかね、スイーツと珈琲のマリアージュを体感。
始めに、数々の賞を受賞するバリスタから、ハンドドリップ(今回はステンレスフィルター)、サイフォン、フレンチプレスの3つのほうほうで、コーヒーを淹れていただきました。解説がわかりやすく、手さばきが惚れ惚れするので、思わず動画を撮ってしまった!

淹れ方によって、味わいが全く異なります。それぞれの淹れ方のポイントを教えていただきました。

ハンドドリップ(ステンレスフィルター)風味と本来の味わいを楽しめるのが特徴。蒸らす作業、お湯の温度、お湯の指すタイミングが大事になります。
蒸らす作業ではまず、まんべんなくお湯を降り注ぎます。新鮮であるほど、プクッと膨れ上がります。雑味成分である二酸化炭素を取り除きます。その後、ゆっくりと注いでいきます。お湯を注ぐ位置も大事だそう。
硬い豆であるブルボンポワントゥの場合は、お湯の温度は94度、3回に分けて注いでいました。

#uccコーヒー感謝祭 #coffee ハンドドリップ日本大会2014優勝の土井チャンピオンの抽出した、 #ブルボンポワントゥ

君レスーYour favorite restaurantsさん(@nayamrestaurants)が投稿した動画 –

サイフォンは、香りがたつのと、そのままカップに注ぐので、熱々(80度)のままいただけるところ、温度変化による味の違いを楽しめるところが特徴です。2回攪拌をするが、攪拌をしたときにくっきりと泡・粉・お湯の3層にくっきりとわかれます。粉の部分がふっくらしているほど、豆が新鮮だそう。

 

最後は、フレンチプレス。油分甘みなどバランスよく抽出してくれる器具。お湯を注ぐときは、お湯の水流によってしっかりと攪拌します。うまく注げると、サイフォンと同じく最後に泡・粉・湯のきれいな3層になります。

合わせるスイーツは、マダガスカル島のショコラにオリープオイルと塩をトッピングした大人な味のタルティーヌ。
ペアリングは、コーヒー→スイーツ→コーヒーの順で食べることによって、口の中に広がるそれぞれ&一緒になった味わいの変化を楽しみます。

img_4365

ペアリングしたコーヒーは、
青→ジャマイカ ローズヒル農園のブルーマウンテンNO.1。非常にバランスのとれたもので、希少性の高い豆。
白→ベトナム レ・タン・アン。品質コンテストで2年連続1位。シトラス系の酸味、スパイス、ローストナッツ、エキゾチックの個性があります。
赤→ブルボンポワントゥ。ブラッドオレンジのような明るい酸味、甘みとコクのあるカラメルのような余韻が長く続くのが特徴。

意識して、コーヒーとスイーツのペアリングを楽しんだことはなかったけど、食べる前と後でコーヒーの味の変化が楽しめるので、今後意識したいです。

img_7443

今回、テーブルについたUCCの担当の方が、「コーヒーは一粒一粒の融合体。好みの味もそうでないものもあるけれど、出会い」だとおっしゃっていたのが印象的。豆はもちろん、焙煎方法や淹れ方、温度や、一緒に食べるものなど、様々な要素で全くことなる味わいになることを知りました。コーヒーの世界が広がった!

最後におまけ。
新感覚のアイスコーヒー、アイスブリュードコーヒーをブルボンポワントゥで。泡の舌触りに、香りと長く続く余韻がいいですね。カクテルみたい。

孤独のグルメシリーズ 池袋『中国家庭料理 楊 2号店』の汁なし担々麺!

IMG_9584

先日、孤独のグルメで取り上げられた、外苑前の『シャンウェイ』に行ってきましたが、今度も同じく中華。池袋にある『中国家庭料理 楊 2号店』へ。Season1第3話で取り上げられていたお店です。

食べログ
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13009261/
HPもありますが、2009年で更新が止まっているのと、アフィリエイトばかりでメニューがみれません。

2号店とあるとおり、中国家庭料理 楊 は、3号店、別館も近くにあります。2号店は池袋西口公園の一本裏の奥まった場所にあるので、見つけにくいです。別館もすぐ近くにあるので、間違えないようにご注意ください。

並んでいるかと思いきや、ランチを外して14時頃行ったためすんなり入ることが出来ました。それでもほぼ満席状態。席数は少ないですが、回転率が良いです。

こちらで有名なのは、テレビにも出てきた、お客さんのほぼ100%が注文する『汁なし担々麺』そして、皮も手作りという『皮も水餃子』。一人なので、全部食べられるか不安になりながら両方注文しました。

それ以外にも、四川風麻婆豆腐や、焼き餃子、涼拌菜がおすすめメニューに入ってます。

汁なし担々麺は、注文してしばらくたたないうちにすぐ運ばれてきます。
辛さが伝わってくる見た目。これ全部食べきれるだろうか・・と思われるほどのボリューム。

IMG_9580

汁を絡めながら混ぜていくのですが、麺が重い。
意外にも、見た目ほどには辛くありません。
そして、柔らかで超モチモチな麺なので好みが別れると思います。
山椒が結構効いていて、後ひく辛さがたまりません。
ピーナッツもひき肉もたっぷり入っているのが嬉しいです。

水餃子は6個入。皮が分厚くずっしりときます。
こちらだけでも、結構お腹が一杯になるレベルです。

IMG_9582

一人では、とてもじゃないけど食べきれませんが、美味しくてハマる味。
2〜4人で行って、いろいろと分け合うのがおすすめです。

孤独のグルメを巡る旅、続けていきたいです。

原宿 静かで落ち着いた場所でフレンチKEISUKE MATSUSHIMA(ケイスケマツシマ)に行ってきたよ

IMG_3359 本日は、原宿で見つけた記念日におすすめするお店を紹介します。
こちらのお店は、この立地があってこそ出せる雰囲気です。
窓から見える風景って、大事だなぁー。

HPあります。
http://www.restaurant-i.jp/
もともと、「Restaurant-I(レストランアイ)」でしたが、
フランス革命の記念日である、2014年7月14日に、フランス・ニースと同じ店名に変更しています。総料理長は松嶋啓介氏で、25歳のときにニースにOPENしたレストランが外国人最年少の28歳でなんとミシュラン1つ星を獲得した方!情熱大陸にも出演したことがあるようです。

食べログ
http://tabelog.com/rvwr/nyaho/rvwdtl/6808286/
(2014/10/8時点)

総合点:3.69
料理・味:3.69
サービス:3.72
雰囲気:4.22
CP:3.55
酒・ドリンク:3.62
雰囲気が突出していいですね。

★強み
【料理・味】
繊細で素材の持ち味を生かした料理は感動的
最後まで飽きさせない細やかな味は素晴らしい
全体的にさっぱりしていてお腹にもたれず健康的
現代的、見た目重視の軽いフレンチだと思ってたら大間違いでした
【CP】
この質でこの量なら文句など言えるはずはない
【その他】
緑に囲まれた、まるでどこかの避暑地にいるような感じのロケーション
現代モダンフレンチはあまりと思ってる方は是非一度伺ってみてほしい

★改善点
【料理・味】
ややボリュームが少なめになったのが気になりました
魚と肉のメインが、メインっぽくないこと。
ボリュームは少し多いくらいだったが全て前菜、、、?って感じ
発泡性ミネラルウオーターが(どこでもある)ペジェグリーノしか用意されていない
【雰囲気】
ドレスコードは煩わしいと感じてますがもうちょっと線引きははっきりさせた方がいいのでは
【サービス】
パンのサーブなどは、追加で対応するなどのサービスがなかった
ぎこちなさであったりという印象を我々に与えてしまった
サービスの方たちも一昔前のホテルっぽい感じでけして居心地が良くなかった
【その他】
始めて行くには少し迷います
入り口にもさり気ない看板なのでちょっと解りにくいかもしれません

★実際に訪問してみて

IMG_3360
友人の誕生日を祝うためにこちらのお店を訪問。
原宿から徒歩10分ほどの場所で、人通りが多い場所と比較して、
「ココは本当に原宿?」と思うほど、とても静かなエリアにあります。
お店は少し見つけにくく、迷いました。マンションの1階にレストランがあります。pantai kuta bali

店内は、入って正面がガラス張りで木々が見えて、森の中にあるレストランに来ているよう。
まずは、グラスのスパークリングワインが提供され、アミューズが出されます。
それを食べながらメニューをゆっくり決められるのは嬉しい!
ハト肉を皮で包んで揚げたものでした。

IMG_3361

本日のメニューは、パッとみただけだと、どんな料理かわからないものも。
お店の方に聞くと丁寧に教えてくれました。前菜、デザート、メインをどれにしようか迷います・・。
前菜1:鎌倉野菜 レモングラス風味のアンショワイヤード

IMG_3363
苦みのある葉野菜とアンチョビが合います!

前菜2:プルーンとウサギのテリーヌ八角風味

IMG_3364
初めてウサギを食べましたが臭みがなくて、パサパサしていなくて、
さっぱりして美味しい!酸味のきいたソースと合いました。

パンは小ぶりで食べやすい大きさ。シンプルな美味しさでした。

IMG_3365

メイン:鹿もも肉のロースト はしばみ風味
もも肉が柔らかくて、こってりしすぎなくて美味しい!
ちょうどよい焼き加減でした。

IMG_3366

デザート:栗のガレット

IMG_3369
ガレットはロール状に巻かれていて、ベリーの酸味のあるソースとアイスクリームがマッチしていて美味しい!

最後は、コーヒーと一緒に、マカロンとピスタチオのプリン

IMG_3370

どれも美味しいし、珍しい肉を食べれたのが良かったです。
もう少し量のあるものが欲しかったなぁとは思いました。

お店のスタッフさんが、2度ほど他の人とのメニューを間違えており、その部分については残念でしたが、
雰囲気いいし、料理美味しいし、記念日などに利用をおすすめするお店です。

食べログレビューのない完全予約制レストラン、祐天寺『スーソマヤジフ』

IMG_9365

まさに食のエンターテイメント!食べログのレビューがなく、ずっと謎で気になっていた祐天寺のレストランに行ってきました。

スーソマヤジフ
IMG_9369
こちらのレストランのテーマは、
 「ソースを食べる」
 「大きな料理をみんなで楽しく食べる」
料理にいろんなソースが使われており、4人以上から予約が出来ます。

 

美大出身の社長の横山貴子氏が経営する株式会社イイコ系列。
他の系列店も行きましたが、運営されているのは、ちょっと変わった、それでいて魅力的なお店ばかり。

 

4人以上集めて、まずは予約。会員制ではないので、電話をすればどなたでも予約可能!但し、当日予約は行っておらず、3日前までに予約をする必要があります。(3日前以降のキャンセルはキャンセル料がかかります)

 

お店は祐天寺から徒歩約5分。住宅地の一画にひっそりとあり、周りにはお店もコンビニも近くにありません。看板がないので、ここかな?と不安になりながらトビラを開けました。

 

店内は、落ち着いた色でかわいい空間。
ソースを入れる瓶が壁にずらりと並んでいます。
IMG_9388

 

コースは4,000円のコース1択で、サラダ・貝・お肉・お米・おまけの全5品。(お皿の置き方ひとつとってもおしゃれ。)
IMG_9367

 

料理提供以外はすべてセルフサービスで、飲み物は冷蔵庫からとって、最後にまとめて精算。
パンのおかわりはカウンターにあり適宜とります。

 

IMG_9370
ひとつひとつが瓶に入っていてそれもかわいい。

 

始めはサラダ。

緑色のほうれん草ベースのソースをかけます。
ソースが濃厚で美味しい!
IMG_9375

 

次は、ムール貝のワイン蒸し。
ヨーグルトベースのソースをかけてあっさり。

メインは、見た目も豪華!塊の豚肉に胡椒ベースのソースをかけて。

米はパエリア。


ムール貝の出汁をベースにした鮮やかなオレンジ色のソースをかけていただきます。

IMG_9384

 

どの料理にも驚かされます。
見た目に。味にそして、そのボリュームに。

 

この人数でこんなに?!と驚くほど出てきます。会話も楽しみつつ、ゆっくりと料理をいただきます。デザートになる頃には、お腹がいっぱい!

 

〆のデザートも見た目もインパクトあり!

 

最初から最後まで楽しい食事でした。
みんなで取り分ける料理でこんなにサプライズがあるものは初めて。
食べログにレビューは書かないようなので、こちらに。
是非行ってみてください。

IMG_9386