孤独のグルメ 『青山 シャンウェイ』 はまさに中華料理のエンターテイメント!

IMG_9538

孤独のグルメを見てずっと行きたいと思っていた、渋谷区神宮前の『青山 シャンウェイ』。
このお店の毛沢東スペアリブと黒チャーハンが食べたくて何度も予約TELするも繋がらず・・。予約がなかなかとれないことでも有名ですが、運良く当日予約がとれたので行ってきました。

青山シャンウェイ
http://shanway.jp/
http://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13006081/

こちらのお店は、外苑前から徒歩約5分、ちょっと古びたビルの2階にあります。通常、中華料理と言えば中華鍋をイメージされるかと思いますが、こちらは鉄板で調理する鉄板中華。

オーナーシェフは佐々木孝昌氏で、新丸ビルにある、
中華菜館 水蓮月 新丸ビル店
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13038465/

もこちらのお店の姉妹店です。(こちらでも毛沢東スペアリブなどシャンウェイの人気メニューが食べられる!)

予約がほんとに取りづらい・・。そして入店してからも予約していないお客さん(断られて帰っていく)や後日の予約を取りに来るお客さんなども何組もいました。今回は、平日のしかも開店と同時の時間で予約したため、1時間半の時間制限はありましたが当日予約ができたと思います。予約する際には余裕を持って・・。

入り口入ると、カウンター席の目の前には鉄板があり、目の前で調理されていてLIVE感があって楽しい!席数は20席なので、常に満席状態でした。
食べログ情報より、3,000円の「お任せコース」(飲み物別)がおすすめのようなのでこちらを注文。

IMG_9541

始めの前菜5種類、甘海老の紹興酒漬け、紋甲イカのネギソース和え、など前菜のバラエティさとお酒が進む味でこの時点から感動!

IMG_9543

次は、海鮮料理。ニラとハマグリ。ハマグリのプリプリ感と塩味の味付けはたまりません。

IMG_9544

肉料理は、やわらか雛鶏 葱醤油和え。
骨も食べられるよ、と言われたとおり超やわらかくてしっとりしています。10時間も蒸しているらしい。あっさりしている醤油のタレでいくらでもいけそう。

IMG_9548

名物の毛沢東スペアリブ!!インパクト大の見た目。
箸ではとてもじゃないけど食べられない大きさなので、手でガブッといきます。スパイスもインパクト大!サクサクとした衣に柔らかジューシーな肉の食感のバランスが良く、すごく辛いので食べ続けるのが難しいけど癖になりそう。

 

念願の毛沢東のスペアリブ #孤独のグルメ #chineserestaurant #中華

君レスーYour favorite restaurantsさん(@nayamrestaurants)が投稿した写真 –

焼餃子
通常の3〜5個分ぐらいはあるんじゃないかという大きさの焼餃子。皮が厚く柔らかくモチモチしています。餡も肉・野菜たっぷりで美味しい!

IMG_9547

この時点で超おなかが一杯なのですが、締めはこちらも名物の黒チャーハン!〆にちょうどよく、お腹が一杯なのにあっという間に完食しました。

IMG_9549

とにかく、超!ボリュームがあり、どれもがアッと驚く美味しさです。
この内容でこの価格は感動レベルです。何度もリピートしたい。ランチもやっているようなので、こちらもいってみたい。
途中からお酒そっちのけで、とことん料理を楽しんでました。


“孤独のグルメ 『青山 シャンウェイ』 はまさに中華料理のエンターテイメント!” への2件の返信

  1. ピンバック: 日本美食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。