新橋 たまにどうしても食べたくなる!ラーメン二郎 新橋店に行ってきた

image (15)

 

たまにどうしても、ジャンクなものが食べたくなる時があります。
そして今日は「どうしても二郎が食べたい!」と思ったのでした。
一度そうなると、頭の中は完全にラーメン二郎に支配され、いつのまにか「ラーメン二郎 PC店」を眺めはじめたり。
ということで、今日は会社から25分ほど歩いて、ラーメン二郎の新橋店に行ってきました。

http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13131107/

総合評価:3.56
料理・味:3.48
サービス:3.15
雰囲気:3.36
コストパフォーマンス(CP):3.56
酒・ドリンク:3.00

このお店の特徴は、「(ラーメン二郎にしては)綺麗な店内」です。
二郎というと、暗い雰囲気の店内に、黒い油がくっついた壁面…といった独特の雰囲気を思い浮かべる方が多いでしょうが、このお店は2012年にオープンしてまだ日が浅いため、明るく清潔な雰囲気です。

また、麺少なめをお願いできる&野菜をコールしなければ盛りは少なめ なので、
女性や初めての方でも敷居が低いと思います。

(コールは定番の”ニンニク ヤサイ アブラ カラメ” 麺の量は食券を渡すときに)

但し、味のこってり差は相変わらずなので、濃い味を欲している時に行くと良いと思います。

image (17)

 

本日は”ニンニク ヤサイ”でオーダー。
これでもかと言うくらい濃厚なとんこつスープと、山盛り野菜&極太麺が脳を刺激して、脳内物質が一気に放出されている感覚です。

食べても食べても減らない丼。2/3あたりを食べたあたりから、強烈な満腹感を感じますが、一気に流し込み完食!
味だけでなく、この「食べ尽くした時の征服感」が私にとって魅力の一つです。
(一般的な魅力じゃないのは知ってる 笑)

ちなみに、麺の縮れが少なく、ほぼストーレートであること&豚がホロホロ煮豚ではなく、カタメのチャーシュー的な豚であることが、本店系と異なるポイントです。
個人的には、こってりではあるものの、あまり辛すぎないところが非常に好みです。
(辛いスープがお好みの場合はトッピング&テーブル状のカネシで調整可)

訪問にあたり少し注意するポイントが、新橋駅からかなり遠い事。
歩いて15分ほどはかかると思います。(最も最寄りは御成門駅かな?)

敷居の低さから、二郎に慣れていない方にも非常にオススメのお店です。
今までラーメン二郎に興味はあったけど、噂を聞くとなんだか怖くて入れない・・・
そう思っている方が二郎デビューするには、最適ではないでしょうか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。