ミシュラン☆連続5年獲得!老舗フレンチ『FEU(フウ)』

老舗フレンチと聞くと「入りづらそう・・」という印象を持つ方もいるかもしれません。こちらのお店はそんなイメージを感じさせない素敵なお店。以前訪問した際もとても良い時間を過ごせたのですが、この日もとても良かったので、たくさんの方に訪れて欲しいと思い紹介します!

『FEU』は1980年にオープン、今の松本浩之シェフで7代目となる老舗フレンチレストランです。ミシュランを2012年より現在(2016年)に至るまで連続で一つ星を獲得!

IMG_9098

東京メトロ乃木坂駅の出口を上がったすぐ目の前という好立地にあります!入り口を入ってすぐにオーナーの中村さんが笑顔で「お待ちしておりました。」と心よく迎えてくださり、これからの食事がとても楽しみになりました。

席につくとスタッフの方が本日のメニューについて説明してくださいました。本日のメニューはこちら。

  • アミューズ ブーシュ
  • 滑らかに仕上げたフレッシュフォアグラのテリーヌ アツアツの苺のベニエをのせて
  • 走りのグリーンピース、名残りの黒トリュフ ひんやり冷たいミント風味のヴルーテ
  • 萩産甘鯛 黄金のうろこ焼き 真狩村産ゆり根とフランス産ムール貝のシャンパントリュフヴィネガーソース
  • ランド産鳩のロースト タルべ産白インゲンのチョリソー風味 春キャベツのクロッカン
  • 木苺の生マカロン
  • 和栗のモンブランとバニラアイスクリーム
  • ミニャルディーズ

もちろん、Menu表を貰わないと上記は覚えられません笑。季節によって全くことなるので季節ごとに来たいですね。今回もどのように料理が出てくるんだろう・・ととても楽しみになりました。

ここからは、一皿ずつ料理を紹介します!

  • アミューズ ブーシュ

左がトリュフの香る温かいポタージュスープ、右がホタルイカとホワイトアスパラのムースに子鹿のジュレがけ。どちらも口当たりが滑らかで、濃厚だけどジュレでサッパリ感があります。

IMG_9104

パンは無塩の北海道バターと有塩のフランス・ブルターニュ産のバターの2種類のバターをつけていただきます。

  • フォアグラのテリーヌ

次の一皿は、テーブルがパッと春らしく華やかに!一番上には立派なあまおう苺の熱々なベニエ!ベニエとは、フランス語で“揚げた生地”という意味で、天ぷらのようなものです。その他にも、苺のコンポートやフレッシュ、ドライいちごと苺がたっぷり盛られています。食感も違うし、甘さや温度も異なって、フォアグラの一口一口が全く異なる味になります。

IMG_9115

  • グリーンピースのスープ

こちらも春らしい鮮やかな黄緑色!グリーンピースのスープはミント風味。中央はホタテのタルタルで上には黒トリュフがたっぷりとかけられています。そして、食感のアクセントになるクルトン。ミントの爽やかな後味とグリーンピースの甘さにねっとりとしたホタテのタルタルが良いコンビネーションです。

  • 魚料理 甘鯛 黄金のうろこ焼き

次の一皿は香ばしい香りから始まりました。ウロコをパリパリにしてあるので皮まで食べられます。ソースはシャンパンビネガーとバターで酸味の中に濃厚さがあります。

IMG_9119

  • 肉料理 鳩のロースト

ランド産の鳩は食用として育てられており、独特の香りがなく、かつ窒息鴨のように血液が体内にとどまっているので、肉質がしっとりして柔らか。胸肉のローストに、コンフィにしたもも肉、肝やもも肉もお皿にのってそれぞれの部位を楽しめます。中央左が胸肉、中央右がモモ肉、右上が肝、一番下がササミです。白いんげんの上にはチョリソーがのって良いアクセントになっています。

IMG_9121

胸肉は皮がパリパリで中はしっとり。

IMG_9123

大満足のメインの後はデザート2皿

  • 木苺の生マカロン

水まんじゅうのような食感。さっぱりした生マカロンにさっぱりしたヨーグルトソースは濃厚なメイン料理のあとにぴったり!

IMG_9125

  • 和栗のモンブラン

こちらは生マカロンと反対に、ねっとりとして甘くて濃厚!舌触りなめらか。

  • ハーブティとミニャルディーズ(食後の焼き菓子)

奥からチョコレートとバナナのモンブラン、ギモーブ、チョコレート。2皿のデザートを食べた後にもかかわらず、こちらもついつい手が伸びてしまいます。

IMG_9136

フレッシュなハーブティと一緒に。

IMG_9133

前回に引き続き、今回も素晴らしい時間でした。

古典ベースに立脚しつつも、軽やか、モダン、かつ大胆にアレンジされ美しい一皿

とHPで記載されているように、フレンチの王道を行きつつも常に今の時代に合った料理とお店の雰囲気に合ったスタッフのサービスが人に愛されている理由なのだと思います。

お店の雰囲気は厳かというよりも、良い意味でアットホーム感があり明るく楽しげです。それぞれのテーブルでの笑い声や楽しそうな雰囲気がお店の空間を作っているように思います。カジュアルではないけれど、会話も楽しみながら食事をするのにはぴったり!

3月は出会いと別れの季節、この機会に是非訪れてみてください!

 

乃木坂 ミシュラン★1 フレンチレストランFEUに行ってきたよ!

 

DSC_0802

火曜日担当のNyahoです。

乃木坂にある老舗フレンチに伺いました。
きちんとしたフレンチって、何かのお祝いとかでしか行けないので、とても貴重な機会です。

レストラン フウ
http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13001975/
ミッドタウンから5分ほどの場所にあり、六本木駅からも歩いていけます。
なんという好立地!

お店のHPがありました。
http://www.feu.co.jp/index.html
”古きものを温め、新しきものを探求する”レストラン。
1980年(私の生まれる前!)からある老舗です。2012年と2013年は、ミシュラン★1を獲得しています。下村浩司氏など数々の有名シェフを輩出してきています。現在のシェフは、松本浩之氏です。
(※HPにオーナーである中村緻輔悠氏の想いが書かれているとさらに良いかもしれません。)

まずは口コミ分析から。
総合点:3.65
料理・味:3.64
サービス:3.68
雰囲気:3.63
CP:3.56
酒・ドリンク:3.63
(2013/10/16時点)

口コミの件数が非常に多いため、今回は、夜の口コミに絞りました。
★強み
【料理・味】
★ひとつひとつの料理の感想が多かったのですが、ひとつひとつが完成されていることが伺えます。
多少値が張っても食べる価値はある
お料理、一つ一つとても美味しかった
素材が良いせいか、そんなに重く感じなく、あっさり全部完食しました。
ワインは料理に合わせてグラスで色々出してくれるのでグラスでお願いした方がお得
【サービス】
★サービスがとにかく素晴らしい!
古いお店らしいんですがノリは若い。
飾らない、まっすぐで一生懸命なサービスが心に響き、心地良い時間を楽しませていただいた。
スタッフの方々の対応は、間違いなく三ツ星
気配りと目配りとこころ配りが実に素晴らしい。
シェフも気さく
スタッフの教育が行き届いている
料理やワインだけでなく、サービス陣も負けじと素晴らしい
グラスワインのコストパフォーマンスが抜群! 1杯1杯説明をきくのも楽しい。
【雰囲気】
大切な人達とゆっくり時間を過ごす場所
落ち着いたお店の雰囲気
雰囲気も上場
堅苦しい形式にはまらないで上品にくだけた感じ
【その他】
ヨーロッパの星付きと比べてもそん色がない
50代60代になってもずっと通っていたいと思わせてくれるお店
サービスもお料理もとても丁寧な感じがするお店
ワインもリーズナブルなものから古いヴィンテージのものまで充実
記念日に毎年通いたいお店
華美過ぎない盛り付けが、逆に素材の美味しさを引き立てている感じ。
お星様レストランとは知らずに伺いましたが、後から知り納得

★改善すると良い点
【料理・味】
アントレの美味しい・美味しくないに関しては、分かりませんでした。
ワインと食事が合っていたかというと、ちょっと合っていなかった。
見た目はキレイなんですが食べてみると意外に普通で、突出したものもありませんでした。
味はどれも、無難に美味しいかったのですが、鮮明に印象に残る品がありませんでした。
人気という割には思ったより普通。
【その他】
窓際だったので、外のサラリーマンやら、駅から出てきた人と目が合っちゃうのが微妙
店内は写真より若干狭く感じました。
冬はガラス戸の向こうに草木が無いのでちょっと寂しい

★実際にいってみて

DSC_0781
乃木坂の駅からすぐの場所にあり、フランスの国旗がお店の前にかかっているので、すぐにわかります。
お店のドアを開けると、オーナーが心地いい笑顔で出迎えてくれます。

入り口を入ってすぐにウェイティングバーがあり、その奥にテーブル席があります。
席数はそこまで多くなかったです。団体のお客様や男女で食事をしているお客様がいて、比較的テーブル席は埋まっていました。
どこのフレンチでも言えることですが、BGMも気にならない程度でとても静かな空間なので、大きい声をだすと他のお客様に丸聞こえになりますね。

おしゃれで落ち着いたシックな印象の店内です。
テーブルとテーブルの感覚は広めにとられていました。
お皿は、モダンな感じでオシャレです。

本日のメニューはこちら
・ごぼうと黒トリュフのスープ

トリュフの味が濃厚で程よい温かさでホッとする美味しさです。

DSC_0785

付け合わせのパンにつけるバターは2種類でてきます。

無塩の北海道バターと有塩のフランス産のバターです。DSC_0787
・秋ぶどうのミセシエとフォアグラのテリーヌ マカロン仕立て

フォアグラのテリーヌの上に、葡萄のマカロンがのっています。

DSC_0789
・魚のすり身にパン粉をつけて揚げた松茸

サクサクとした食感。揚げてあるからなのか、松茸の水分と香りが少し少なかったように感じました。

DSC_0793
・お魚料理 オマール海老 りんごソース

見た目がカワイイ!オマール海老は肉厚で美味しかったです。食べやすい形になっていたのも良かったです。

DSC_0796
・お肉料理 マダムビュルゴーのシャラン鴨 完熟パイナップルのポワレ 黒コショウ風味
あまりに夢中で食べたため、写真を撮るのを忘れてしまいました・・・
・デザート クレームダンジュ

フランスアンジュ地方の郷土菓子で、クリームチーズをホイップして作られるフワフワした食感が人気のケーキです。生のマカロンがのっていました。

DSC_0798
・コーヒー/紅茶

手前はなんとほおずき!とてもオシャレで、見た目もインパクトあります。

DSC_0800

 

サーブするタイミングは、早すぎず遅すぎず丁度よかったです。
料理の説明をしてくださるのがいいですね。
どの料理もひとつひとつが完成されていて、絶品です。全体的にあっさりしていたので、最後までいいお腹の具合で食べることができました。
お魚料理・お肉料理どちらかは濃厚なソースを使うかよりオイリーにするかでもよかったかもしれません。
私自身、少し油っぽい料理も好きだからかもしれませんが笑!

一番感動したのは、フォアグラのテリーヌでした。
ぶどうのマカロンがフォアグラのテリーヌの上にのっていて、相性いいのかな?と思って食べてみたところ、絶妙なコンビネーションでした。
濃厚ですし、ボリュームもあるし、美味しすぎて、思い出すだけでまた食べに行きたくなります。
サクッとしたマカロンの食感とねっとりとしたテリーヌを同時に食べる食感の楽しさもいいですね。

こちらのお店は、サービスも抜群です。
フレンドリーで落ち着いた雰囲気がお店全体に流れているのは、インテリアや音楽だけでなく、お店の方の雰囲気によるものだと実感しました。
サービスがいいと料理はさらに美味しくなりますし、お酒もどんどん進みそうですね。
老舗のフレンチレストランなので、私は少し場違いかな?と思って伺ったのですが、私みたいな若造でも丁寧に接客してくれて、そのサービスの良さには、感動です。
今回は、仕事でお伺いしましたが、プライベートでも是非伺いたいお店ですし、友人にもオススメレストランとして、薦めたいお店ですね。

★オススメメニュー
・季節のおすすめメニュー
おすすめのワインを料理に合わせてグラスでいただくとよいと思います。

★どんな時に?
・記念日や外したくないデートで利用するのがいいですね。