大森 洋食入船

京浜東北線で品川から二駅のところにある大森。
都心からも結構近いこのエリアですが、無駄にガヤガヤすることもなく、
落ち着いた町並みが広がっています。
その大森で創業80年を誇る、『洋食入船』さんを紹介します。
http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13003330/

総合評価:3.56
料理・味:3.56
サービス:3.55
雰囲気:3.54
コストパフォーマンス(CP):3.43
酒・ドリンク:3.25

【良いところ】

・料理
”天使”の海老フライ♪
ニューカレドニア産の大きな海老フライを3尾使用。
口に運ぶと予想通りの素晴らしいサクサク感。
大ぶりな海老そのものもも勿論プリプリしていて、衣のサクサク感と相まって、
素晴らしい食感と風味。

メインのハンバーグが提供されます。
「洋食屋さん」らしく、ハンバーグの上にデミグラスソースがかかりふわふわのスクランブルエッグがトッピングされています。
このデミグラスソースが美味しいっ!。有名高級レストランの気取ったものとは明らかに違う「昔ながらの」と味いう言葉がピッタリの懐かしい味。クセがなくアッサリしていてしつこくないのですがコクがあります。

野菜は全て国産、お米は秋田こまち一等米を使用されるこだわりようは半端ではないです。

・雰囲気
大正13年創業。
お店に入ると、タイムスリップしたような感覚になります。
建ててから時間がたっているような感じですが、非常に手入れが行き届いていて大正時代のカフェにでも来たような雰囲気。
【改善ポイント】

・サービス
ホールのオペレーションが悪い。
混んでくると二階も使えそうですが、昼時は相席になることもしばしば。
落ち着いて昼食を取りたい人にはむかないかも

・CP
庶民的な店内の雰囲気と反して、全体的に価格設定が高くて量が少ないという感じを受けました。

 

実は私が住んでいる所から歩いていける距離にあるお店。
名物の天使のエビフライは、頭からしっぽまで全て食べられるのが自慢。
頭からがぶりといったときに口にひろがる海老味噌は皆さん絶賛の嵐です。
気軽にランチで訪れるにはちょっと勇気のいる価格設定でもありますが・・・
エビフライ食べに行きたいなぁー!

Author:ゆぐ